2009年06月01日

アーサー・ハル氏のドラムサークル研修

ドラムサークルの父アーサー・ハル氏の、
ベイシック・ファシリテーター・トレーニングを受講して来ました。
参加した感想を一言で・・・と、修了書の授与式の時に言われ、
私の一言は「来て良かった。深い」・・・

今までは参加して楽しませてもらっているだけのドラムサークルでしたが、
その背後にこれほどの理論とテクニックと思想と愛が込められており、
しっかりそれらがマニュアル化されていることに、
正直驚きました!
しかもそれらを心理学的に検証しても、あまりに良く出来た、
いや出来すぎとも言えるマニュアル・理論であり、
ソーシャルワーク、コミュニティの構築・改善、
人間関係、自己啓発、癒し、ストレスマネージメント・・・
などなど沢山の要素に切り込んでおり、
これがアメリカの大学の単位になっているのも頷けます。
日本の大学も絶対に取り入れるべきだと思いますよ。
特に社会福祉系とか、必須です。。。これは・・・

アーサー・ハル氏に敬意を表すると共に、
ここで学習させて頂いた要素を含みつつ、
フレームドラムの普及に役立てて行きたいというのが私の願いです。
なんと言っても究極の癒し太鼓ですからね〜〜


3日間の合宿研修。
夜10時までのトレーニングでかなり疲れましたが、
今、受講出来て良かったと思います。
そして動物的直感??で、この素晴らしいテクノロジーを日本に紹介し、
毎年アーサー氏を招聘しているDRAMAGIKの佐々木薫さんにも敬意を表します。
http://www.drumcircle.jp
今年もお疲れさまでした!


そしてもし、ドラムサークルをすでに開催しているとか、
今後ファシリテーターになりたいという方がいたら、
アーサーさんの本を読むだけでなく、ぜひ、
アーサーさんか佐々木さんから直接習うことをお勧めしますヨ。
posted by haruhi at 10:09| Comment(0) | フレームドラム

2009年04月02日

近況報告

こちらのブログは随分お久しぶりになってしまいました!
シータヒーリングでは、来日したヴァイアナ・スタイバルさんの
3/19のオープニングセミナーに始まり、
3/20から4日間はインストラクターセミナーのアシスタントを務め、
その次の日からアメリカに飛んで、
フレームドラムの世界イベントに参加するという超ハードスケジュールの3月でした。

<NAFDAフレームドラムイベント>

アメリカ・ニュージャージー州で行われた北アメリカフレームドラム協会主催のイベント、
「NAFDA2009」に参加してきました。
昨年同様、素晴らしいアーティスト達による数々のワークショップやコンサート。
まさにフレームドラム三昧の4日間でした。

今まで知りたかったのにその手だてがなかったスペインのパンデレッタの奏法を
ホナス・ジメーニョ・マーリン氏から直接学ぶことが出来、大満足!
また去年はアボス・コシモフ氏のドイラ演奏の凄さに感激しましたが、
今年は同じくドイラ奏者サロヒディン・ファリエフ氏の演奏にぶっ飛び!
ウズベキスタンという国は天才の宝庫なんでしょうか!!

マーラ・リータールでお馴染みのマーラ・リーさんからも直伝を受け、
これらの成果はワークショップでお伝えしていきたいと思います。
近い内にレポートもアップします。

<ワールドフレームドラムショップ>

かねてからの夢だった世界のフレームドラムを扱うショップを、
ついにオープンさせました。
イランからは直輸入でトンバクを入荷!!
他にも貴重な音源や教則本等、私がフレームドラムを始めた頃、
手に入れたかったものばかりです。
日本にフレームドラムを普及させるために、今後も頑張りたいと思います。

http://framedrum-japan.org/worldshop.htm

<フレームドラムフェスティバル・ジャパンへの夢>

もう一つの私の夢「フレームドラムフェスティバル・ジャパン」開催。
今回のNAFDAには台湾フレームドラム協会の代表も出席しており、
今後、日本と台湾でアジア地域の活動を推進すべく協力していこうということになりました。
私も世界各国の代表者の前で、
「2年以内にフレームドラムフェス・ジャパンをやるぞ〜」と発表!
ぜひ夢を実現させたいものです。
posted by haruhi at 16:14| Comment(0) | フレームドラム

2007年12月04日

ロスアンゼルス

IMGP1044.JPG
ロスに行ってきました!
女性フレームドラマーの第一人者、
レイン・レッドモンドさんにお会いして、
ワークショップ、レクチャーコンサートに参加することが出来ました。
西海岸のフレームドラマーにも沢山お会い出来ましたし、
ドラムメーカーREMOの本拠地も視察出来ました。
これについての詳しいレポートは協会のHPにアップします。

今回はレインさんにお会いするのと、
ネイティブアメリカンのシャーマニズムの調査が目的だったのですが、
なんとネイティブの祭典、POW WOWも見られ、
チェロキー族のシャーマンであるSprit Wind先生のセッション、
そして満月の儀式にも参加出来るという、
スペシャルな体験をして来ることが出来ました!!

私のフレームドラムを求める旅も、
いよいよ第2章に突入〜という感じです。
posted by haruhi at 12:34| Comment(48) | フレームドラム

2007年09月12日

企画者の思い

cybele.jpg

8月の「アラブリズム講習会」は大好評を頂き、
目からウロコだったと言ってくださる方が続出致しました。
企画してよかったな〜と本当に思います。
続いて10〜11月には「インド音楽講習会」を行いますよ!
詳細はこちら
http://framedrum-japan.org/event.htm

何で私がこのような講習会を企画しているか・・・と言うと、
ひとえにフレームドラムの普及のためなんです。
フレームドラムという楽器は長い歴史を持っていますが、
アメリカのグレン・ベレズ師(My teacher!!)によって、
世界中の奏法がミックスされ新しい楽器として生まれ変わりました。
しかし師も全ての奏法をマスターするために、
アラブ、インド、ペルシア(中央アジア)、イタリア・・・等々、
各地の音楽と奏法を研究なさったわけです。
そして奏法のみならずリズムシステムや音楽の解釈なども、
ふんだんに取り入れていらっしゃいます。

私は日本にフレームドラムという楽器を紹介するにあたり、
奏法だけでなくその音楽や歴史までも正しく知っていただくことが協会としての使命だと感じました。

そしてそれはフレームドラムに興味を持った方のみならず、
ワールドミュージックと呼ばれるジャンルがお好きな方にも、
その音楽をより深く理解するための、
何らかの足がかりになるのではないか・・・と思っています。

アラブ・インドの次はペルシア、イタリア・・・とまだまだ企画は続きます。
もちろんアラブもインドも1回で語りきれるようなものではないでしょうから、
続編も企画します。

今後世界のフレームドラマーを日本に招いた時、
きっと彼らは日本のフレームドラマーのレディネスの高さにびっくりするでしょう!!

私が海外修行に出掛けた時、
どこに行ってもそれらの「基礎知識」が前提でした。
イランでさえ、私は先生とインドのソルカットゥで遊んできたんです。
だからそういう方々を日本にお招きしてWSをして頂くとき、
参加者がみんなインドのリズムシステムや、
アラブやペルシア音楽のことをしっかり知っていたら、
彼らはどんなに喜ぶでしょう!

もちろんフレームドラムにはシャーマンドラムとしての側面も見落とせません。
こちらのリサーチも行っていきます。
古代からの知恵を現代に生かすためにリズムが果たせる役割は、
昨今のドラム・サークル運動の興隆を見てもあきらかです。
加えてサウンド・ヒーリングの研究もしていきたいと思っています。


何でそんなに突き動かされるのかわかりません。
でも私に降りてきてしまった使命のように感じています。
残りの人生はこれに賭けるだけ・・・
どうか暖かく見守ってやってください。
そして興味あったら講習会にご参加くださいね!



posted by haruhi at 10:42| Comment(0) | フレームドラム

2007年06月28日

鼓動座 ヨガwithフレームドラム

スーパーヨガティチャーMAYAさんとご一緒させて頂きます。
みなさん、ぜひヨガをしに来てください!
今回はマントラも沢山登場する予定です。

『KODOU YOGA』 

鼓      太鼓のリズムに呼吸を合わせ
動      エネルギーに身体をゆだね動かされる
座      流れるような動きの中でアサナ(座)をとる


リズムに呼吸を合わせ、エネルギーにのって身体を動かしていきます。
ビンヤサを学ぶために、カウントでなく、身体に響くフレームドラムの音に合わせて、アシュタンガヨガのスタンディングポーズをとっていきます。
フレームドラムはシャーマンドラムとも言われ、古代では女性(女性神官)によって演奏された楽器でした。身体に染み込む癒しの鼓動に浸りながら、心を自由にしてみて下さい。

最後はシャバーサナ(屍のポーズ)になり、横たわります。フレームドラムの音とマントラの響きの中で心身ともに安らぎをえます。

【日時】7月21日(土曜日)
【時間】11:30〜13:00
【講師】MAYA(ヨガインストラクター)
    谷口はるひ(日本フレームドラム協会会長)
    http://framedrum-japan.org/
【参加費】3000円(スローフローのチケット可・レンタルマット300円)
【定員】 20名


場所  青山ベルコモンズ内3F スローフローヨガスタジオ
http://www.slow-flow.com/shop_aoyama/shop_map.html

申込受付:SLOW-FLOW青山ベルコモンズ店
     TEL 03−3475−8102
posted by haruhi at 00:40| Comment(1) | フレームドラム

2007年03月21日

GaPa ワークショップ終了

いや〜凄かった!
まさにこういうワークショップをして欲しかったんです!

gapa12.jpg

「ボッジーラ」というガーネッシュとパトリックの
オリジナル曲から始まったWS。
迫真の演奏に参加者は釘付け。
私のアイリッシュ・バウランもパトリックによって
命を吹き込まれたわ!

gapa16.jpg

そしてガネーシュがカンジーラスタイルのバウラン演奏を指導。
南インド出身の方から習う、本格的なソルカットゥ!
私ゃ、何年これを待っていたか。。。。
この日初めてフレームドラムを持って、
これを経験出来たという人は、
幸運なんてモノじゃありませんぜ!

gapa13.jpg

相当ディープでコアな世界の為通訳は私が初挑戦しました。
上手く伝えられているといいな!

続いてパトリックがタールタイプの指導を。

gapa19.jpg

世界的フレームドラマーと一緒に叩けるなんて、
会長やってて良かった〜


参加者全員で集合写真。

gapa2.jpg

最後は打ち上げで盛り上がり・・・

gapa5.jpg


gapa6.jpg

とにかく凄い1日でした。

28日はパトリックだけのWSですが、
参加者枠、広げます!
こんな素晴らしいものは絶対に経験しておいて下さい〜
posted by haruhi at 19:29| Comment(2) | TrackBack(1) | フレームドラム

2007年03月18日

20日WSキャンセルでました!

Patrick Graham & Ganesh Anandan ワークショップ
1名キャンセルが出ましたので追加可能です!
お早めにお申し込みください!!!!!

●3/20(火) 19:15〜21:15  20名限定! 初心者OK
フレームドラムの基礎から本格的な模範演奏まで。
世界的フレームドラマーから直接指導を受けるチャンス!
終了後、サイン会もあります。
四谷区民センター 10F 音楽室 (東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」下車4分)
http://www2.odn.ne.jp/~hao65350/page002.html
指導 パトリック・グラハム ガーネッシュ・アナンダン
参加費 4.000円 ドラムレンタルの場合(+500円)
(途中からの参加もOKです。)
申し込み mail@framedrum-japan.org
posted by haruhi at 10:11| Comment(1) | TrackBack(1) | フレームドラム

2007年02月21日

パトリック・グラハム フレームドラムワークショップ

patrickgraham.jpg

3/20のWSは大好評を頂き、
満員御礼で締め切らせて頂きました。
追加ワークショップを企画しましたので、
奮ってご参加ください。
●3/28(水) 19:15〜21:15  申し込み受付中  

初心者OK
フレームドラムの基礎、リズムトレーニングetc

四谷区民センター 10F 音楽室
(東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」下車4分)
http://www2.odn.ne.jp/~hao65350/page002.html

指導 パトリック・グラハム 

参加費 4.000円  ドラムはご持参ください。
ドラムレンタルの場合(+500円)

お申し込み mail@framedrum-japan.org

世界的フレームドラマーから直接指導を受けるまたとないチャンスです。日本音楽をこよなく愛し和太鼓の演奏もされるパトリック・グラハムさん。途中からの参加、見るだけ/聴くだけの参加もOK。終了後、サイン会もあります。
posted by haruhi at 01:51| Comment(0) | フレームドラム

2007年02月17日

GaPa ワークショップ!!

gapa.jpg

カナダから2人のフレームドラマーが来日します。
CoopermanのエンドーサーでCD、DVD、教則本などもリリースし、
世界中で演奏活動をしているGaPaのお二人、
パトリック・グラハムさんとガーネッシュ・アナンダンさん。
彼らのワークショップを開催することになりました!
スケジュール調整とか結構大変だったのですが、
ようやくまとまりました。

しかし会場の都合で限定20名のみ!!です。

参加ご希望の方は先着順で受け付けますので、
どうぞお早めにお申し込みください!!!!
初心者OK。ドラムレンタルもします。

●3/20(火)19:15〜21:15
20名限定! 
初心者OK! フレームドラムの基礎から本格的な模範演奏まで。
世界的フレームドラマーから直接指導を受けるチャンス!
終了後、サイン会もあります。

四谷区民センター 10F 音楽室 (東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」下車4分)
http://www2.odn.ne.jp/~hao65350/page002.html

指導 
パトリック・グラハム http://www.patrickgrahampercussion.com/ 
ガーネッシュ・アナンダン http://www.fingerworks.org/

Please listen GaPa !
Bodjira http://framedrum-japan.org/img/bodjira.mp3
Funky M_lower http://framedrum-japan.org/img/gapa-music.mp3

参加費 4.000円    
ドラムはご持参ください。(ドラムレンタルの場合+500円)
          
途中からの参加もOKです。

申し込み 日本フレームドラム協会 mail@framedrum-japan.org 

20名限定のため先着順になります。お早めに! 
posted by haruhi at 01:52| Comment(5) | フレームドラム

2007年01月21日

ブログ立ち上げのご挨拶

frame2.bmp

昨年アメリカからの帰途、
アラスカ〜シベリアの凍土の上を飛んでいる時、
真っ白な氷原がどこまでも続いているのを見て
「世界はつながっているんだな」「地球は1つの星なんだ」
と深く感じました。
その時、何か気付きと言うか、ひらめきのようなものが私に起こり、
私がフレームドラムという楽器に出会い、
これほど夢中になった意味がわかったような気がしました。

フレームドラムはトルコのチャタル・ヒューク遺跡の発掘調査によると、
BC5600年頃から存在していた楽器で、
メソポタミア文明の頃から全世界に分布して行ったわけですが、
古代は女性神官によって演奏され、
その時代は社会が平和であったと言われます。

今、地球は悲鳴を上げています。
温暖化が進み、環境は破壊され、各地で異常気象が起きています。
このままでは明日の子ども達に地球を残してあげられません。
経済繁栄のみを目指した社会は国際紛争を生み、
大切な命が奪われています。

こんな地球規模の「大破壊」の前では、
私に出来ることはあまりないかもしれない・・・
でも、どんな小さな声でもいいから、
1人1人が上げていかなければ、
何も変わっていかないのだと思うのです。

いにしえの知恵に学び、自分を見つめ直し、
地球が、地球に生きるすべてのものたちが、
生き生きと暮らせるような、平和な社会を目指して、
小さな一歩を踏み出したい。
きっとフレームドラムは私をそう導いているのだと・・・信じています。





posted by haruhi at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | フレームドラム