2009年06月01日

アーサー・ハル氏のドラムサークル研修

ドラムサークルの父アーサー・ハル氏の、
ベイシック・ファシリテーター・トレーニングを受講して来ました。
参加した感想を一言で・・・と、修了書の授与式の時に言われ、
私の一言は「来て良かった。深い」・・・

今までは参加して楽しませてもらっているだけのドラムサークルでしたが、
その背後にこれほどの理論とテクニックと思想と愛が込められており、
しっかりそれらがマニュアル化されていることに、
正直驚きました!
しかもそれらを心理学的に検証しても、あまりに良く出来た、
いや出来すぎとも言えるマニュアル・理論であり、
ソーシャルワーク、コミュニティの構築・改善、
人間関係、自己啓発、癒し、ストレスマネージメント・・・
などなど沢山の要素に切り込んでおり、
これがアメリカの大学の単位になっているのも頷けます。
日本の大学も絶対に取り入れるべきだと思いますよ。
特に社会福祉系とか、必須です。。。これは・・・

アーサー・ハル氏に敬意を表すると共に、
ここで学習させて頂いた要素を含みつつ、
フレームドラムの普及に役立てて行きたいというのが私の願いです。
なんと言っても究極の癒し太鼓ですからね〜〜


3日間の合宿研修。
夜10時までのトレーニングでかなり疲れましたが、
今、受講出来て良かったと思います。
そして動物的直感??で、この素晴らしいテクノロジーを日本に紹介し、
毎年アーサー氏を招聘しているDRAMAGIKの佐々木薫さんにも敬意を表します。
http://www.drumcircle.jp
今年もお疲れさまでした!


そしてもし、ドラムサークルをすでに開催しているとか、
今後ファシリテーターになりたいという方がいたら、
アーサーさんの本を読むだけでなく、ぜひ、
アーサーさんか佐々木さんから直接習うことをお勧めしますヨ。
posted by haruhi at 10:09| Comment(0) | フレームドラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。